家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ 

家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ 

孤立しないための対処法

現代人は孤立の危機を孕んでいると言っても過言ではないでしょう。
周囲との関係性が希薄になり、近所付き合い、友達付き合い、親戚付き合いなど昔に比べると格段と減ってきている印象がありますよね。
事実、孤独死の問題が取り沙汰される原因の一つに「孤立」という問題があります。
孤立した状況で何か問題が起こるようになるまでには、多くの問題が重なって、それを抱えて生活していかなければならない状況があります。
まず親の体調不良や病気に対して、それを支えてくれる周囲の援助がない場合はどうしたら良いでしょうか。
子供がある程度、自分のことを自分で出来るくらいまで大きくなっていたらまだマシですが、子供が小さいうちは配偶者一人で見る、または配偶者が仕事をしていて休めない場合は一時保育、休日保育などを利用するというのも手でしょう。
しかし、都市部ではそのようなサービスがありますが、地方ではどうでしょうか。
また、シングルの場合はどうでしょうか。
最近はショートステイや児童相談所の一時保護というサービスもあり、親が入院、病気などで子供の面倒を見られない場合の体制が整ってきてはいます。
万が一そのようなサービスが受けられないという状況にもなりかねないので、やはり普段から周囲との交流をはかり関係性を作っておくということが重要になってくるのですね。
関係性を築く上でトラブルなどが発生する場合もありますが、そのようなことを恐れず、普段から豊かな人間関係を構築しておきたいものですね。

Copyright 2017 家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ  All Rights Reserved.