家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ 

家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ 

仕事をしながら子育て

近年続く不景気や女性の社会進出の影響により、共働きの夫婦が増えてきている傾向にあります。
その中で、子育てをしながら生活をしていくというのは結構大変なことですよね。
しかも物騒な世の中で、子供への犯罪にまつわるニュースは聞かない日など無いぐらい増えてきていますよね。
通学途中の事故、事件などもあり、通勤途中で子供に付き添う親もいるでしょう。
仕事をするとなると、子供が一人の時間が増えます。
まだ小学生未満の子や、第1子、第2子…と子供が増えるごとに保育園などで預かってもらいながら生活していかなければなりません。
こうなると経済的な負担が大きくなる上に、待機児童の問題もあり預けたくてもなかなか保育所が見つからないという現状もあります。
仕事をしながら子育てするということは、本来経済的負担を少しでも軽くしようとして行うことであるのに、本末転倒の状態になってしまっている場合が多く見受けられます。
しかし、デメリットだけではなく主に女性目線で見てみると、育児休暇を利用して再度同じ企業で働くことができるとか、ブランクを最小限に社会に復帰できる、子供と離れた時間を持つことで育児ストレスが軽減される、保育園での子供の社会性を身につけさせることなどがメリットとして挙げられるでしょう。
こうして考えてみると、仕事をしながら子育てするということは身体的にも精神的にも負担となりますが、そうしたメリットをうまく利用していくとプラスの方向へ考え方を転換していくことが出来るかもしれません。

Copyright 2017 家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ  All Rights Reserved.