家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ 

家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ 

子供との接し方

子供とコミュニケーションがとれるようになるのはいつ頃からでしょうか。
非言語的なコミュニケーションとして、子供の方からは産まれてすぐ泣くことなどで示しますね。
言語的なコミュニケーションは1歳前後からとることが出来るようになると言われています。
少子化の現在、生活する上で子供と接する機会が少なく、子供がいない人や子育てをしたことのない人にとっては、子供とどのように接すれば良いのかわからないという人が多いのではないでしょうか。
子供が嫌い、苦手という人も結構いるのではないかと思います。
まず始めに恐怖心を抱かせないよう、ゆっくりした口調と笑顔で接しましょう。
子供のペースに合わせ、無理に会話に乗せようとしないことが大事ですね。
それで、少しずつ慣れていってもらい、警戒心を解くように心がけましょう。
子供は案外空気を読み肌で感じるものなので、上辺だけで適当にあしらってはいけません。
子供の立場に立って、子供の目線を忘れずに接するようにするのが良いですね。
また、一緒に遊ぶこともコミュニケーションをはかるうえで非常に大事なことですので、子供と親しくなりたい時は、子供の遊びたいことを一緒に楽しんでしまいましょう。
年齢によっても対応が違ってくると思いますが、子供も一人の人間なのです。
子供だからとタカをくくっていては、大人のそういう部分を見透かされてしまうことになりますよ。
しっかりと、誠心誠意を持って接するようにすれば向こうも必ず心を開いてくれるはずです。
辛抱強く、接するようにしましょう。

Copyright 2017 家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ  All Rights Reserved.