家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ 

家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ 

出産から子育てまで

子育てとは、子供がお腹に宿った時点から始まるものですが、胎教、母子の健康管理などから親としての自覚を身につけながら出産を待ちますよね。
そして、出産を迎え、無事にこの世に生を受けた子供は、親が面倒を見ないと自分の力では生きていくことができません。
そのため、子供がしっかりと自立できるまで育てるのが親の使命です。
まあ、最近は子供の自立が遅くなってきていて、大学卒業後も就職難で自立して生活できない子供が増えてきていますので、長期戦になってしまうことも多いですね。
自分の子供への責任感がない親がきちんとしたしつけをすることはできませんので、愛情を持って育てることが大前提です。
戦後の子育てと現代の子育ての常識は変わってきているようですが、戦後は女性の社会進出によりいかに短時間で育児を行うかが重要視されてきました。
しかし現代は医学的な解明がすすみ、なるべく親と子は一緒にいる時間を増やすのが良いということがわかってきました。
また、母乳の重要性が取り上げられており、赤ちゃんの免疫や体の負担軽減のために推奨されています。
やはり自然に備わっている本能のような部分は、そのままの状態で育ててあげるのが一番なのですね。
子供が成長するにつれ、親としての葛藤も増えていくと思いますが、ここは昔のように人間関係を幅広くもち、子育てで困ったことがあったときは他の人に相談し、親だけで悩まないようにすることが非常に重要となってくるでしょう。

Copyright 2017 家庭生活と学校 環境に慣れて生き抜くコツ  All Rights Reserved.